「強くなければ生きていけない。

 優しくなければ生きて行く資格がない。」

 

~心と身体の使い方を学び、”折れない心”と”強い身体”を養う~

福岡県の苅田町、行橋市、北九州市を拠点に活動する

「合気道 真風会」のホームページです。

合気道 真風会

 

福岡県の苅田町、行橋市、北九州市を拠点に「合気道」と「女性と子供の為の護身術」を指導しています。

 

合気道には様々な流派があり、そのスタイルにも大きな違いがあります。

 

これから合気道を始めたいという方は、その違いをよく理解し、自分にあった道場を選ぶ事が大切です。

 

そこで、当会の特徴を簡単にご説明致します。

 

「合気道 真風会」と他の道場との違いの一つが「統一体」を学べる点にあります。

 

「統一体」とは、心と体を統一し、自身の潜在力を最大限に発揮させる状態のことです。

 

心の使い方を学び、大事な場面でも、心を落ち着かせ、いついかなる時にも、自分の中に潜在している本当の力を出せるようになるトレーニングだと思って頂ければ良いでしょう。

 

合気道の稽古を通じ「統一体」を学べば、合気道のみならず、全てのスポーツや日常生活全般にも活かす事が出来ます。

 

 プラス思考と積極的精神が身に付き、学生であれば勉強や部活に、社会人であれば仕事に活きて来るでしょう。

 

"弱気な自分を変えたい、心を強くしたい"と言う方にもお勧め致します。

 

 

二つ目の違いは「合気道   真風会」では、力を入れるのではなく、リラックスをして、力を抜く稽古を行う点です。

 

イメージ的には、硬く力強い"剛の合気道”ではなく、柔らかくしなやかな“柔の合気道”です。

 

 

一般的に武道や格闘技では、体が大きい人、体力に勝る人が強いのは当たり前です。

 

その為に、ウェイトトレーニングや、体重を増やし体を大きくする事で、パワーアップに励んでいます。

 

それは格闘競技者にとっては大切な事ですが、そうではない普通の人々が、力に対して力で対抗していては、元々、体格的に劣る人や、非力な女性などが、自分の身を守ることは難しいでしょう。

 

また、力に頼った合気道では、年齢と共に体力が衰え、技が通用しなくなってしまいます。

 

 

しかし、逆に、力を抜く事で、相手の力と衝突せず、更に、相手の反射的な抵抗心も起こさせにくくなる状態となり、体力のハンデをカバー出来るのです。

 

 

「統一体」で心身共に磐石な状態を作り、力を抜いて威力を発揮する”真風会合気道”は、「護身術」としても最適です。  

 

子育て中の主婦の方でも、体力の衰えを感じている年齢の方でも、また、運動経験ゼロの方でも、性別、年齢、経験に関係なく、どなたでも、今すぐ新たに始める事が出来る道場が「合気道  真風会」です。

 

 

 

(場所)

福岡県京都郡苅田町殿川1-30

苅田町総合体育館柔道場

 

広さ:72畳(約131㎡)

無料駐車場あり

男女別の更衣室、トイレ完備

シャワー室(有料)あり

保護者見学スペースあり

 

稽古日時)

毎週木曜日午後7時~午後9時

(少年部は午後7時~午後8時)

 

(連絡先)

0930-23-7055(事務局オフィス禅)

 

☆「苅田道場」にて、1ヶ月間の体験入門可能

(事前に連絡の上お越しください。見学のみは不可)

 

 

*集団稽古の為、適応能力がある人に限ります。 

 

*他流派合気道及び合気系武道を学ばれている人については、当会は並行しての入門を禁止しています。現在所属されている道場を、退会された後にお越しください。

 

 (当会のコロナ対策について)

 

「合気道 真風会」は、コロナ感染防止を重視し、その対策に細心の注意を払って稽古を行っています。

 

現在行っているコロナ感染防止対策は「3密を避ける」ことは当然として、

 

 

 

★2週間以内に新型コロナウイルス感染症陽性者と濃厚接触が疑われる人は稽古を休む事

  

★2週間以内に発熱など風邪のような症状があった人は稽古を休む事

 

★参加者全員の道場入口での検温の実施37.5度以上の発熱があれば道場には入れません

 

★手洗い、アルコール消毒の実施(こちらも道場入口で一人一人チェックを行っています)

 

★稽古前の道場内の畳全面も含めて、手が触れる場所全ての消毒作業

 

★窓を全て開け、扇風機を3台回しての常時換気

 

★稽古中もマスクを着用し、接近しての大声を出さない

 

★整列時などはソーシャルディスタンスを保つ

 

★非接触の稽古

 

★冬場は湿度計を持参し、湿度を40%~60%に管理

 

など、思いつく限りの対策を行っていますので、道場生の皆さんも、新たな入門希望者の方も、安心して稽古にご参加ください。

 

2021年8月13日発信)

稽古一時休止のお知らせ

 

「福岡コロナ特別警報」の発動により、2021年8月13日(金)より苅田町総合体育館も一時休館となりました。

 

それに伴い「合気道 真風会」の稽古も一時休止をしております。

 

とりあえずの期限は2021年8月31日(火)までとなっていますが、感染状況によっては延長も考えられます。

 

新たに体験入門希望者の方は、事前に電話でご確認の上、ご来館ください。

 

 

(2021年8月19日発信)

 4度目の緊急事態宣言発令により、8月20日(金)~9月12日(日)まで休館延長になりました。

 

(2021年9月10日発信)

緊急事態宣言の延長により、9月30日(木)まで休館延長になりました。

 

黒帯研究会

 

有段者は、「黒帯研究会」へ参加出来ます。

 

「黒帯研究会」とは、”実戦合気道”の稽古会です。

 

”日本拳法道”をベースに、一般的に合気道ではあまり稽古される事がない”突き”や”蹴り”等の打撃技を取り入れています。

 

ボクシンググローブ、または、掴みが出来て合気道技が可能なオープンフィンガーグローブ、セーフティ面着用で、顔面攻撃、投げ技、関節技、寝技あり(10秒間)の”打撃系総合格闘技スタイル”での軽めのスパーリング等も行っています。

 

しかし、あくまでも合気道の技術向上の為の、稽古法の一つですので、相手を打ち倒す為の、打撃技の向上のみを目指しているというわけではありません。

 

型稽古のみでは身に付けることが出来ない”突き”や”蹴り ”等の打撃技を取り入れた”自由攻防”に対処出来る事、相手を必要以上に傷つけずに制する”護身術としての合気道”を修得する事が目的です。

  

 

 

 

呼吸法

 

心身をリラックスして行う全身呼吸「呼吸法」は、自然治癒力を高め、生命力が活性化されます。

 

「呼吸法」を毎日行うことにより、常に落ち着いた心と、丈夫で健康な身体を作り、より強い「統一体」を得ることが出来ます。

 

少年部の稽古終了時に、一般部も一緒に全員で「呼吸法」を行います。

 

 

 

サイトメニュー

 

「トップページ」

 

「事務局・道場」

 

「入門案内」

 

「写真館」

 

「ブログ・掲示板」

 

「女性と子供の為の護身術教室」

 

「お問い合わせ」

 

「リンク」